AO入試・推薦入試での合格にはいわゆる「勝ちパターン」があります。 AOアカデミーには様々なプロフェッショナルたちが、あなたの志望校に合わせて一緒にあなただけのマスタープランを作成し、合格に導きます。
プロフェッショナルで、共に歩める頼れる大人が担任として側にいること。これがAOアカデミーの最大の特長です。







【出願時期】
2018年10月9日〜11月1日
【試験日程】 2018年11月24日    
【合格発表】 2018年12月7日
【提出書類】 高校の校長の推薦状(指定書式) 
  調査書
  自己推薦書(指定書式)
  外国語検定試験の試験結果を証明する書類
  学科の指定する「レポート等特定課題」
【出願資格】  
  学科 募集
人数
評定平均値の指定 外国語検定試験の基準(いずれか1つ)
  英語 その他外国語
  英検 TOEFL
iBT
TOEIC LR
TOEIC SW
国連
英検
IELTS TAEP TEAP
CBT
独検 仏検
  英語 65 全体の評定平均値4.0以上
および英語の評定平均値
4.3以上
準1級 72 LR785 SW310 B級 5.5 330
(各70)
590
  ドイツ語 17 全体の評定平均値4.0以上
および外国語・国語それぞれ評定平均値4.3以上
2級 42 LR550 SW240 C級 4.0 220
(各50)
325 2級
  フランス語 10 全体の評定平均値4.0以上
および外国語・国語それぞれ評定平均値4.3以上
2級A 55 LR650 SW250 B級 4.5 270
(各65)
445 準2級
  イスパニア語 10 全体の評定平均値4.0以上
および外国語・国語それぞれ評定平均値4.3以上
2級A 55 LR650 SW250 B級 4.5 270
(各65)
445 2級 準2級
  ロシア語 12 全体の評定平均値4.0以上
および外国語の評定平均値4.3以上
2級 42 LR550 SW240 C級 4.0 220
(各50)
325
  ポルトガル語 11 全体の評定平均値4.0以上
および外国語・国語それぞれ評定平均値4.3以上
2級 42 LR550 SW240 C級 4.0 220
(各50)
325
                         
【レポート等特定課題】
   学科 課された年 レポート等特定課題の内容
※課題は出願前に公表されるので過去課題をやる必要はなし(次学年の参考として表示)


英語 2017年
2016年
あなたの高校時代に最も影響を受けた本あるいは先生とは。 A4レポート用紙2枚程度。日本語・英語のいずれかで。
  ドイツ語 2017年
2016年
ドイツの政治・経済・文化・言語・文学・思想等の分野から自分の関心のあるテーマを選び 、そのテーマについての様々な意見を比較した上で自分なりの考えを書きなさい。 A4レポート用紙2枚(2400~2500字)程度。引用・参考文献を記すること 
  フランス語  2017年 水島治朗著『ポピュリズムとは何か』(中公新書)を読む。レポート提出は不要。面接試験の際に課題図書の内容に関について質問を行うので熟読のこと。
  2016年  樋口陽一著『自由と国家―いま「憲法」のもつ意味』(岩波新書)を読む。レポート提出は不要。面接試験の際に課題図書の内容について質問を行うので熟読のこと。
  イスパニア語  2017年
2016年
日本社会における多文化共生について、あなたの考えを1400~1600字の日本語で述べなさい。ただし、①現状認識を踏まえたものにすること。②論述に際しては、関連文献を3点以上参照し、そのリストを添付すること(上記字数には含まない)③論旨に即した適切な表題をつけること。 A4横書原稿用紙(400字詰)1400~1600字。
  ロシア語 2017年 「ロシア語およびロシアの文化、社会をどのように学び、卒業後何をしたいか。」について述べなさい。A4横書原稿用紙(400字詰)1800から2000字。
  ポルトガル語 2017年 レポート等特定課題は課題図書(上智大学外国語学部ポルトガル語学科編『ポルトガル語圏世界への50のとびら(上智大学出版、2015年)』)を読み、その中から関心をもったテーマについて、さらに別の資料を読んだうえで、自分の意見をレポートにまとめなさい。(1600字)
面接試験では、このレポートについてのプレゼンテーション(3分以内)が課せられ、課題図書の内容に関する質疑応答も行なわれる。
  2016年 下記の指定図書を読み、50あるトピックの中から特に興味を抱いたものを選び(複数可能)、選定した理由を含めて内容を解説しなさい。さらに、大学で学びたい事柄を、それらと関連付けながら、具体的に述べなさい。(2000字程度)
上智大学外国語学部ポルトガル語学科編『ポルトガル語圏 世界への50のとびら』(上智大学出版、2015年)
                         
【試験内容】 学科ごとの個別テスト・面接
  英語学科:英語の諸技術適性検査(90分)、面接(10分〜15分)
  ドイツ語学科:設問を含む小論文(90分)、面接(10分〜15分)
  フランス語学科:小論文(1400〜1600字)(90分)、面接(10分〜15分)
  イスパニア語学科:筆記による表現能力、読解力と要約力(60分)、面接(10分〜15分)
  ロシア語学科:ロシア・ソ連についての基礎的知識を問う設問を含む小論文(90分)、面接(10分〜15分)
  ポルトガル語学科:ポルトガル語圏に関する基礎的知識を問う設問を含む小論文(60分)、面接(10分〜15分)
   学科 課された年 学科ごとの個別テスト過去問


ドイツ語 2017年 野田宜雄「二十世紀をどう見るか」を読み、本文の最後の段落に「・・・新事象が、・・・中世を招き寄せている」とあり、しかもそれを「大いなる逆説」としています。21世紀現在生じている何らかの現象を取り上げて「中世を招き寄せている」という論調で、その現象を説明してください。(800字)
  2016年 エドワード・サピア「言語:ことばの研究序説」安藤貞雄訳を読み
設問1:本論の要旨を400字以内にまとめなさい。 設問2:本論に対する自分の意見を400字以内で述べなさい。本論全体に対する意見でも良いし、いくつかの、あるいはひとつの論点に的を絞った意見でも良い。
  フランス語 2017年 内田樹「呪いと言論」内田樹・鷲田清一「大人のいない国」を読み設問に答える
設問1:チョムスキーの「言論の自由」原理主義とはどのような考え方ですか。60字以内で答えなさい。
設問2:筆者が問1のような「言論の自由」原理主義に賛同できないのはなぜですか。100字以内で答えなさい。
設問3:あなた自身の身の回りの出来事や、これまであなたが見聞きした国内外の出来事のなかから一つを具体例として用いながら、言論の自由についての複数の異なる考え方を提示しなさい。そのうえで、本文全体の議論も参考にしながら、言論の自由にはどのような制限が設けられるべきか、設けられるべきでないかを1200字程度で論じなさい。
  イスパニア語 2017年 吉見俊哉「大学とは何か」を読み設問に答える。
設問1は漢字、設問2〜5は傍線部説明問題
設問6:知識のデジタル化が進む21世紀において、あなたが大学に期待するものは何か、本文における筆者の問題提起を踏まえつつ、あなたの考えを300字以内でまとめなさい。
  2016年  中島義道「差別感情の哲学」を読み設問に答える。
設問1は漢字、設問2〜5は傍線部説明問題
設問6:本文にならってあなたのアイデンティティの束を構成している役割のうち重要なものをいくつか挙げ、あなた自身の帰属意識について400字以内で分析しなさい。
  2015年 鹿野政直「近代日本思想案内」を読み設問に答える。
設問1は漢字、設問2〜4は傍線部説明問題
設問5:著者は、近代日本の思想を分析するために、2つの理由から「思想」という枠組を一般的な意味合いよりも広い意味で考えている。このような着想は、イスパイア語圏のような異文化を理解するためには、どのように参考になるか。著者の議論に即しながら、あなたの考えを200字以内で論じなさい。
  ロシア語 2017年 大問1:ロシア史上の著名人物について答える穴埋め問題
大問2:用語説明問題(40字〜60字で説明)
1)鉄のカーテン 2)NEP 3)プカチョフの乱 4)西欧の窓 5)ストルイピン
大問3:「英語以外の外国語を学ぶ意味」と題して800字以内で小論文を書く
  ポルトガル語 2017年 次ポルトガル語圏に関する知識を問う問題(用語問題〜説明問題等+小論文)
小論文問題:あなたが本学で学びたいことと関連付けて、具体的に論じなさい(400字以内)
  2016年 次ポルトガル語圏に関する知識を問う問題(用語問題〜説明問題等+小論文)
小論文問題:ポルトガル語圏の国々に関する知識を得ることは、グローバル化する社会においてどのような意義を持つでしょうか。あなたの考えるグローバル化を定義した上で述べなさい(400字〜600字)
  2015年 ポルトガル語圏に関する知識を問う問題(用語問題〜説明問題等+小論文)
小論文問題:ポルトガル語圏の国々について学ぶことについてはどのような意義があるだろうか。その他の国々について学ぶ場合との対比を念頭に、あなたの考えを800字以内で論じなさい。
                         











自己推薦書対策
  「志望動機」「学力」「学業成績以外の卓越した能力」「課外活動・社会活動の実績」「特技」等を根拠に自己を推薦する内容を所定用紙1枚に収める必要があります。その作成指導を個別指導にておこないます。

外国語検定試験対策
  TEAP・英語4技能資格試験(TOEFL等)対策講座を開設していますので、スコア必要な方は別途受講により対策可能です。
レポート等特定課題対策
  テーマ・課題に対する知識、高度な思考力と論述力が求めらる各学科が指定するレポートの作成指導を個別指導にておこないます。
学科ごとの個別テスト対策
  学科ごとの個別テストでは専攻分野に関連する知識、そして高度な思考力と論述力が求められます。必要な知識と合格に必要なスキルを個別指導にて習得します。毎回異なるテーマの必要な知識のレクチャーをおこない、その後にそのテーマについての論述をおこうなうという集中的かつ実践的なカリキュラムです。インプットとアウトプットが一度でできる無駄のない指導を実現しています。
面接対策
  模擬面接を行い万全の大勢で受験に臨めるよう指導します。














【STEP1】
プロとの面談で、あなただけの合格までの合格までのコース設計をします。
この講座の目標(ゴール)を確認し、ゴール達成のための具体的な進め方を説明します。
あなたの「学びたいこと」「なりたい将来像」を発見し、それをもとに具体的な書類作成の計画をたてていきます。
 
【STEP2】
プロとの面談をもとに、担任と書類作成に取り組みます。
合格のポイントは人まねではないあなたのオリジナルを作り上げること。
どこかで聞いたようなストーリーでは決して合格することはできません。
あなた自身の中からわき出る何かを言語化し、作成していきます。
担任制なので、作成途中でわからないことはもちろん、不安や悩みもどんどん相談しましょう。
 
【STEP3】
一次試験に必要な知識と合格のためのスキルを習得。
専攻分野の基本から時事問題まで多様な領域の問題を扱います。
レクチャー・論述対策の実践的なカリキュラム。
インプットとアウトプットが一度でできる無駄のない指導をおこないます。









面談で合格へのマスタープランを作成したら、あとは実行に移すのみ。
しかしここが一番の合否の分かれ目。作成プランを決められた期日までに。確実に遂行できなければなりません。ただし受験生は途中で迷ったり、雑音が気になったりしてなかなか集中できないこともあります。過去大量に合格者を出しているAOアカデミーは、このボトルネック(難所)を真に理解しています。まずは書類提出までの「プロジェクト管理・カルテ管理」で皆さんが納得しながら確実に前進できる境を作っていきます。
こうした知識が豊富で、プロフェッショナルで、共に歩める頼れる大人が担任として側にいること。これがAOアカデミーの最大の特長です。